医療用ウィッグを扱う企業の行うヘアドネーション活動とは

ヘアドネーション活動とは一体何か?

病気や事故で髪を失った子供達の為

ヘアドネーション活動をする為には、一般的に美容院で髪を切って貰って美容院から企業に髪の毛を送る事が多いそうですが、個人的にも企業向けに髪の毛を郵送で送る事が出来るみたいです。
約31cm以上の髪の長さがないとヘアドネーションは出来ない仕組みになっているのです。
医療用ウィッグを作るには、前の記事でも紹介したと思いますが、30人くらいの髪の毛が必要になります。
しかも企業では全て手作りで医療用ウィッグを作っている為、少しづつですが、医療用ウィッグが必要な子供達の元に直接届けています。

そもそもヘアドネーション活動はアメリカで始まった活動になり、2016年頃から日本でも企業が主体となって活動を開始するようになりました。
ヘアドネーション活動は子供でも出来るそうで、近年になってある男の子が髪を伸ばして病気の子供達に自分の髪の毛を寄付したそうです。
寄付をする髪の毛は必ずひとまとめにしてゴムで縛った状態で送ります。
年齢や性別は問わずに誰でも基本的に髪を伸ばせば寄付が可能になっています。

なので、近年では有名人を始めとする人達がSNSを通じてヘアドネーション活動を行い、それが広く様々な人々に知られるようになりました。
以前は人工で医療用ウィッグを作るとなるとどうしても自然な毛の流れや髪のダメージが見えてしまい髪本来のツヤや質感を感じる事が出来なくなったので人工ではなく天然の髪を使って作ろうとして髪の毛の寄付活動が広がりました。

主な活動内容について

医療用ウィッグは一人の子供につき必要な髪は約20人から30人の髪の毛なのです。 ヘアドネーション活動は、癌や先天性の無毛症や事故で髪を失ってしまった子供達に無償で人毛を利用した医療用ウィッグを作って渡す活動です。 だいたい18歳までの子供達の為に無償提供をしています。

専用美容師の育成について

医療用ウィッグを作る為には専門の知識が必要になるので、髪のプロである美容師の協力が必要になるのです。 なので、企業が行っているヘアドネーション活動では医療用ウィッグを作る専門の美容師の育成にも力を入れています。 作れる美容師が多くなればそれだけ病気の子供達に医療用ウィッグを届ける事が出来ます。

ヘアドネーション活動を支えるのは寄付です

何も髪の毛を寄付しなくてもヘアドネーション活動に参加は可能です。 寄付は募金でも出来るようです。 募金をする事で、寄付された髪の毛をトリートメントする処理をする為の材料費に使われたりします。 前の記事でも紹介したと思いますが、手作業で一つ一つ作ってるので設備投資にも使われます。